Home

軽~いGORE-TEX®ジャケットでお出かけ♪

2017/01/06(Fri) 09:00

みなさま、こんにちは!
今回はPJ-584 GORE-TEX®ウインターライトライダース&PP-580 ソフトフィールパンツで走ってきました。

場所は山梨県の南アルプス市、14時から1時間30分程のライディング。
外気温は3℃で前回より寒い日でしたが、さすがGORE-TEX®!あったかい♪

軽くて柔らかくて暖かい。3拍子揃ったジャケットでなのでとても快適でした。





店頭で見たい!試着したい!と思った方は
PJ-584 GORE-TEX®ウインターライトライダース→こちら
PP-580 ソフトフィールパンツ→こちら
ページ下部に取り扱い店舗情報掲載しています♪



○冬季休業のお知らせ○
2016年12月30日(金)~2017年1月9日(月)まで冬季休業とさせていただきます。
2017年1月10日(火)より通常営業致します。
FAX・メールでのご注文やお問い合わせは24時間受付いたしますが、
2017年1月10日(火)から順次ご返信させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

Category:未分類

comment×  trackback×

あけましておめでとうございます!今年も走りますよ♪

2017/01/03(Tue) 09:00

2017年始まりました!!

今年も安全に快適におしゃれに楽しいバイクライフをひとりでも多くの方がお過ごしいただけますよう
POWERAGEスタッフ一同、一丸となって前進してまいりたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。






さてさて今年も、POWERAGEウェアを着て走っていきますよ。
今回はPJ-577 FURライダース&PP-580 ソフトフィールパンツです。

場所は山梨県の南アルプス市、14時から30分程走ってきました。
外気温は4℃でしたがぽかぽかで暖かかったです。

よく晴れていてバイクを降りても心地いい日でした(^∇^)ノ





店頭で見たい!試着したい!と思った方は
PJ-577 FURライダース→こちら
PP-580 ソフトフィールパンツ→こちら
ページ下部に取り扱い店舗情報掲載しています♪



○冬季休業のお知らせ○
2016年12月30日(金)~2017年1月9日(月)まで冬季休業とさせていただきます。
2017年1月10日(火)より通常営業致します。
FAX・メールでのご注文やお問い合わせは24時間受付いたしますが、
2017年1月10日(火)から順次ご返信させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

Category:未分類

comment×  trackback×

冬季休業のお知らせ

2016/12/29(Thu) 09:25

2016年12月30日(金)~2017年1月9日(月)まで冬季休業とさせていただきます。

2017年1月10日(火)より通常営業致します。

FAX・メールでのご注文やお問い合わせは24時間受付いたしますが、
2017年1月10日(火)から順次ご返信させていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

今年もPOWERAGEに関わっていただいた全ての皆様に感謝いたします。
2017年のPOWERAGEにもご期待ください。



Category:未分類

comment×  trackback×

GORE-TEX®の底力、ここにあり。

2016/12/27(Tue) 15:05

ついに本格的な冬がやって参りました。
寒くて辛い?身体が冷えて仕方がない?
ええ、これだけ冷えてきたからこそ、皆様にお届けするウェアのテストには最適な季節だと言えるんです。
昼間じゃまだ暖かいので本番は夜!
ちょっと高速に乗れば極寒テスト環境がやってくる、来冬用のアイデアをテストするのは今のうち。
真冬もどんどん乗りますよ!

さて、今回はPOWERAGEの冬コレクション中、最も耐寒性が高く、それでいて適応温度幅が広いGORE-TEX®の製品をご紹介します。

PJ-582 GORE-TEX®M-65ライダース、通称「M-65」です。


01_乗車



結論から言うと「ぶっちぎりで暖かい」です。

テストしたのは摂氏3度、流れの早い国道と高速道路の山岳区間、風強め、夜中でした。
ジャケットの下はアウトラストアンダーシャツ、綿Tシャツ、その上にこのM-65を着た程度でインナーで頑張らない感じ、言ってみればあまり気負わず適当に着込んで出かけたという状態ですね。

中身こんな薄着でいけるのか?
ええ、いけました。
確かにちょいと涼しくはありますが「寒い」にはまだちょっと距離がある。これなら大丈夫でしょう。

寒さを感じないってのはライダー側の工夫も少しあります。
まず袖から走行風が入ってくるのを防げば腕の冷たさは避けられますよね、だから袖をすっぽり覆う長いグローブを使いました。これだけでけっこう違うもんです。

首周りも冷えるので、ここはPOWERAGEのウインドストッパーネックラップを使いました。
平たく言えば防風ネックウォーマーでして、ヘルメットのストラップで一緒に締めちゃえばもう首筋は全然違います。暖かくなります。


09_首装着
しっかり締めるとあら不思議、ヘルメット内への風の侵入もかなり弱まります。


あとは、ウエストゲーターが寒さにトドメを刺すんです。本当です。


03_ウエストゲーター
個人的には「防風ハラマキ」と呼んでおります。効果絶大です。


お腹をぎゅぎゅっと締めることで裾から入ってくる走行風を遮断してくれる、そんなパーツがウエストゲーターです。
裾ってどうしてもハタハタして外気をポンプのように吸い込んでしまうのだけど、ここを締めるだけで身体が作り出す体温をジャケットの中に閉じ込めてくれるんです。

首、袖、裾。

この3箇所で外気を遮断すれば暖かくなる。
これが暖かさの秘密です。


02_GORE-TEX®



そしてGORE-TEX®という生地のパワーも忘れてはいけません。
寒い時は完全防水=防風の力で外気なんかものともしません、冷たい風が生地を貫通するようなことはありません。
もちろん防水なのでレインウェア要らずです。

そして…何度もここで書いてますがGORE-TEX®は「暖かくなった時が本領発揮」なんです。

ジャケット着たまま暖かい建物に入ることって、ありますよね?
そこで一気に暑くなって汗びしょ濡れになる、こういう経験は皆さんあると思いますが、このまま外に出て走り始めると汗が一気に冷えて大変なことになります。汗冷えは身体にとってとても危険なんですよ。

ところがGORE-TEX®だと、蒸れている汗がどんどん抜けてゆくので汗の滞留が少なくて、汗冷えしにくい。
これが「寒くない」を作り出すGORE-TEX®のパワーなのです。


07_ベンチ
ベンチレーションも熱気抜きに効果絶大です。

ちなみにこのテストの夜はPP-585 GORE-TEX®カーゴパンツも着用してました。
しかも夏用のインナータイツをはいて…(間違えて夏用をはいちゃった…)

はい、何の問題もありませんでした。
むしろ汗を効率よく排出してくれるインナーは快適ですらありましたし、寒さなんてどこ吹く風。
冬に膝や足首が冷えて翌日の階段でちょっと辛い…なんてこともなく、実に快適なものでした。

冬のロングツーリングを快適にするのなら、上半身も下半身も高機能なウェアを着ていたいものです。
上下揃えるとちょっと値段が張るのはよーくわかってます、しかしそれでもオススメしたくなるだけの暖かさと快適さがあります。

ほら、レインウェアが必要なくなるのでその分のお財布をこちらに振り向ければ…大丈夫?


PJ-582 GORE-TEX®M-65ライダース 独断と偏見のスペック紹介
・形はミリタリー・M-65ベース。オーソドックスで使いやすい
・滑りの良いインナーで脱ぎ着が楽!
・大げさなインナー無しでも一桁気温半ばなら楽勝モード
・お腹が冷えないウエストゲーターはやっぱり暖かい


店頭で見たい!試着したい!と思った方は
★GORE-TEX®M-65ライダース→こちら
★GORE-TEX®カーゴパンツ→こちら
ページ下部に取り扱い店舗情報掲載しています♪

Category:未分類

comment×  trackback×

PJ-579 アドベンチャーライダースでお出かけ

2016/12/20(Tue) 14:45

みなさまこんにちは。

先週末、POWERAGEのジャケットを着て走ってきました!
PJ-579 アドベンチャーライダースです。




暖かい上に着心地が軽く、どんどん走りたくなっちゃいまして、こんな山の中まで・・・
山の上は気温5度ほど、14時~15時の1時間走りました。
私はへっちゃらでしたが、バイクの方がやや不機嫌に・・・笑





私のバイクは乗車時、こんな感じでかなり前傾になりますが、
裾のファスナーを開けば全然窮屈な感じはしません。
ウェアのずり上がりも軽減できるので、
我ながらなかなかクールな後ろ姿になっているのではないでしょうか!?
ボタンも下2つは隠してあるのでタンク傷つきも気になりません。

乗車時のストレスが少ないので、ついついたくさん走ってしまいます。
下山後はバイクの機嫌も良くなり、終日快適なツーリングを楽しめました!


店頭で見たい!試着したい!と思った方は→こちら
ページ下部に取り扱い店舗情報掲載しています♪

Category:未分類

comment×  trackback×


▲このページのトップへ