Home  > 走ってきました! > ところで、ゴアテックスの良さって皆さんご存知ですか?

ところで、ゴアテックスの良さって皆さんご存知ですか?

2015/07/03(Fri) 17:49

自分は自他ともに認めるアメオトコです。
バイクに乗り始めてこのかた、油断すると…いや、油断しなくても雨にやられるというバイクライフを送って来ました。
ゲリラ豪雨という言葉が一般的になってからはもう目も当てられない有り様です。

レインウェアってのはいい加減降られて、びしょ濡れになって初めて「しょーがないな」と袖を通すものだと思っています。(僕だけか)
全身いい具合に濡れたところでカッパを着るとどうなるか…カッパの中は猛烈に蒸れるんですよ。雨水が自分の体温で熱さられて蒸れ、自分の汗で蒸れ、蒸れた熱気と温気で暑さ倍増。たまったものじゃありません。


豪雨も他人ごとな無敵っぷり。
軽い気持ちで画撮りに出たらマジもんの豪雨でした。もちろんへっちゃら。


ところがゴアテックスのレインだと、これがじわじわと乾いて行くんですよ。
もちろん気温30度ともなると普通に暑いので汗も止まらないのですが、そんな状況下でも適当なペースで走り続けているとじわじわ乾いてゆくんです。

信じられますか?

蒸れない、蒸れにくければ、雨のライディングも楽になります。
このSPレインスーツは背中のど真ん中をつっきるように大きく開くベンチレーションもあるし、通気性と蒸れにくさはもう折り紙つき。

お値段ははっきり言ってお安くありません。ぶっちゃけ高いです。
高いですが、丁寧に扱い、手入れして使えば長持ちもしますし、POWERAGEで修理もできます。
長く使えば必ず元が取れる。
雨が降っても大丈夫という安心感を持つことは心の安定?に繋がると思うのです。

あと、パンツにも一工夫ありまして、サイドのファスナーで裾から腰までフルオープンになるんです。
ここまで開くと脱ぎ履き、楽ですよー。
ごついブーツのまま履けると、突然の雨、路傍で慌てて、なんてシチュエーションでどれ
だけ楽になるか。


DSCN1355縮小
本当はファスナーを開けた画も撮りたかったのですが…雨、凄すぎで断念。


アメオトコが1年間濡れ続けた結論。
一度使ったらやめられまへん。もう他には行けません。

これを読んでいるそこのアナタ、僕と同じくゴアの扉を開いてみませんか?

Category:走ってきました!

comment×  trackback×


▲このページのトップへ