Home  > 未分類 > GORE-TEX®「だけ」のジャケットって、なんですか?

GORE-TEX®「だけ」のジャケットって、なんですか?

2016/10/04(Tue) 17:30

BB_ゴア刺繍イメージ


秋の長雨と台風のおかげで全国的に天気はどんより。
日照時間も記録的に少なかったというニュースも目にしました。
気温が中途半端で雨模様。
太陽が見えてもいつ降り出すかわからない。

そんな時こそ「PJ-483 GORE-TEX®ライトライダース」の出番ですよ。


13_車上正対


このジャケット、ゴツく見えますが内容はけっこうシンプルです。
まず素材は防水透湿素材の雄、GORE-TEX®です。
インナーライナーなし、一切の保温層がない。

つまり「GORE-TEX®だけ」のジャケットです。(裏地はあります)

GORE-TEX®の「防水」「防風性」に注目して、肌寒いときには完全防風で暖かさを閉じ込める。

さらに気温が下がっていったら内側にインナーダウンやあたたかいインナーを着れば厳寒期だって乗り越えられる。

暖かくなってきたら背中のベンチレーションを開けて襟と袖を緩くすれば風が熱を持ち去ってくれる。


01_襟フラップ
襟元はフラップがトリプルで重なった上にファスナーは二重。
水も風も通しません。


10_背中ベンチ04
開閉式のベンチレーション。小さいけれどけっこう効きます。


そして、突然の雨だって大丈夫。何せGORE-TEX®ですから、むしろ本領発揮です。


aa_ゴアイメージ


イメージとしては涼しいけどたまに暖かくなるよね、という春秋からかなり寒くなる真冬の深いところまでこれで走れる、ライダーにとっては1着持っているとやたら便利に使えてヘビーローテーション間違い無しの、全天候型ウェアってところでしょうか。


実際にこのジャケットを使ってみてどうなのか。
ええ、この型が登場してすぐに「これは!」と可能性を感じ、それ以来ずっと使ってます。もう何年になるかな…。

素材はややがっしり系で安心感があります。もちろん肩・肘・脊椎プロテクターも標準装備です。(胸部は別売)


15_内ポケット
奥が深いのでもう少し面積が広いものでも楽々入ります。

安心といえば内ポケットは完全にGORE-TEX®の「中」なので防水性もばっちりです。


ポケットは表側にもたくさんあります。
バッグに仕舞う荷物、ポケットに入れたい小物は人によってそれぞれ。
このジャケットはポケットに大小のメリハリをつけてあるので使い勝手の良さはなかなかのものですよ。
雨が降ってきたら、濡らしたくないものは必ず内ポケットに移動するのを忘れずに。


03_胸ポケ

胸ポケットにはそこそこ大きなスマホも入ります。
これはやや小さめなiPhone5Sなので余裕しゃくしゃく。


11_肩ポケ

僕のスマホは入りませんでした。古い言い方をすればシガレット・ポケットに相当します。
ちょこっとした小物が入るので意外と便利ですよ。


05_腰ポケ開口

腰ポケットは実においしい場所にあります。
さっと手が届くし、グローブをした手でも扱いやすいファスナー、しかも開口部がでかい!


04_腰ポケ水抜き

このタイプのファスナーからは水の侵入が不可避、中に水が溜まると厄介なのできちんと水抜き穴も設けてあります。意外とこの水抜きって大事なんですよ。



防風、防水の服を作る時に重要なのは首周り。
ここから水や風が入ってくると台無しなんです。

02_襟元調整

そこでここは無段階の調整機構を設けました。
ベルトの金具がスライドすることで襟元のサイズをぴったりに調整します。

袖もファスナーとベルトでしっかり絞れるので隙間からの風や雨の侵入対策はばっちりです。

数年使った感触だと、秋から冬にかけてこれ一着で済んでしまうので、友人にワードローブはこれしかないのか!と言われるワンパターンっぷりを発揮・・・それくらいの頻度で着てたってことになります。

何がイイって、コンパクトなインナーダウンや使い捨てカイロを荷物に放り込んでおけば、とりあえずこのジャケットを羽織っておけばOK!というラフな使い方で大抵はなんとかなってしまうことです。
雨の心配もしなくて良いし、それはもう便利なもんです。

趣味のライダーさんにも良いと思いますが、これは仕事でバイクに乗る方にも適しているのではないかと思うのです。
天候を問わず通勤にバイクを使う人にとって、これ一着でとりあえず行けるウェアっていうのはメリットが大きいのではないでしょうか。

自分は個人的にヘビーローテーションを繰り返すお気に入りの逸品、みなさんも試してみませんか?



PJ-483 GORE-TEX®ライトライダース 独断と偏見のスペック紹介
・生地の感触、プロテクター、天候型とトリプルな安心感
・GORE-TEX®の良さに徹底注目したシンプルさ
・敢えて採用した「インナーなし」構造の自由度
・「完全防風」で冬の快適さを
・これ一着でいいやと思われる全天候型っぷり
・ヘビロテなのでじっくり洗う暇がない…(洗いましょう)



おまけ。
この日のバイクは借り物のヤマハ・SR400でした。
伝統のキック始動は最新のコンピュータ制御のおかげで軽々一発始動!のはずが、なぜか苦労しまして汗だくに。

12_SR400キック
この写真でもう何度目のキックだったか…ヘルメットの中は汗まみれです。


かりかり、すこすこ…がしゅっ!(ぷすん)

おかしいな…を何度か繰り返してようやく始動成功です。
それでは発進!

14_車上後方確認

この日はベンチレーションも全開だったせいか、走り始めて10分くらいでびしょ濡れの汗が「ちょっと湿ってるかな?」くらいには乾きました。
これがGORE-TEX®のチカラなんです。
PJ-483はキック始動のバイクの方にもオススメです…。

●〇オリジナルキーホルダープレゼントキャンペーン●〇
【対象】
2016年8月25日(木)~2016年11月30日(水)の期間中
POWERAGE公式HPショッピングより対象品番ご注文のお客様
【対象品番】
ジャケット
PJ-574・PJ-575・PJ-576・PJ-577・PJ-578・PJ-579・PJ-582・PJ-583・PJ-584・PJ-483・PJ-560
パンツ
PP-580・PP-581・PP-585
●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇

****2016-2017秋冬 カタログ配送受付中****
ご希望の方は info@powerage.jp までメールにてご請求ください。
件名に「カタログ送付希望」とご明記の上、
本文にて下記内容をお知らせください。
・郵便番号
・ご住所
・電話番号
・お名前
*ゆうメールにて配送いたします。3日~1週間程度お待ちください。
**************************

Category:未分類

comment×  trackback×


▲このページのトップへ